SACDマルチチャンネルの再生方法

この文書は、スーパーオーディオCD(SACD)に収録されたマルチチャンネル(サラウンド)の音声・楽曲を再生する方法について記したものです。

SACDマルチチャンネル再生に必要な機材

以下にSACDマルチチャンネルの再生に必要な製品構成の一例を示す。

機材を個別に購入するのが手間であれば、すべてがセットになった製品を買うことを検討したい。例えば2013年にソニーから発売された「BDV-N1」は、BD・SACDプレイヤー兼AVアンプと5.1ch分のスピーカーで構成されており、5万円でSACDマルチチャンネルの再生環境が揃う。2017年初頭時点では同等品が発売されていないため中古品もしくは割高で新品を買う必要がある。ただ、こうしたセットの製品は、例えばスピーカーだけを別の製品に交換することなどは想定されておらず、一部が故障したり、交換したくなったりすると悩ましい。

マルチチャンネル収録のSACD

SACDにマルチチャンネルの音声が収録されている場合は、ジャケットにSACDの記載と共に「Multi-ch」や「Surround」といった記載がある。

SACDマルチチャンネル対応プレイヤー

オーディオ専用の商品はステレオ再生対応が主流のため、現在発売されているCD/SACDプレイヤーの多くはマルチチャンネルに対応していない。また、オーディオ専用のCD/SACDプレイヤーはスピーカーに音声を出力するための機能(DAC)を内蔵しており、その品質の良さがアピールポイントになるため高価だ。

そこで安くて便利なのが、BD(ブルーレイディスク)プレイヤーのうちSACDに対応している上位機種である。BDプレイヤーはそもそもドルビーやDTSといった圧縮データのサラウンド音声を収録した映画ディスクを再生する用途で作られており、その上位機種では非圧縮マルチチャンネルのSACDにも対応しているわけである。こうした製品はユニバーサルプレイヤーと呼ばれる。

ただしSACDマルチチャンネルに対応しているとはいえ、こうしたBDプレイヤー自体にはDACがないので、マルチチャンネルのスピーカーを直接繋げられるわけではない。マルチチャンネルのスピーカーに対応したAVアンプにHDMIで接続する必要がある。

2017年初頭時点でSACDマルチチャンネルの読み出しに対応しているBDプレイヤーに、ソニーの「BDP-S6700」などがある。「BDP-S6700」はSACDに収録されているマルチチャンネルのDSDデータをリニアPCMに変換せずそのままHDMIで出力できる。

SACDのステレオおよびマルチチャンネルは、CDに使われる「リニアPCM」(Linear Pulse Code Modulation)という方式とは異なり、「DSD」(Direct Stream Digital)という方式で記録されている。DSDデータは加工が難しいため、DSDデータをリニアPCMデータに変換して処理する製品が多い。オーディオにこだわる場合は、SACDで読み出したDSDデータをHDMIで出力できるかメーカーに確認しよう。

プレイヤーがSACDマルチチャンネルに対応しているかどうかは、その製品の仕様表で確認できる。仕様表ではわからない場合はメーカーに問い合わせよう。

プレイヤー選びのポイント

AVアンプ

HDMIで伝送されたSACDマルチチャンネルの音声データをアナログに変換し、スピーカーに出力するのがAVアンプである。背面にはマルチチャンネル分のスピーカーを繋げられるよう、多数の端子がついている。

こうしたAVアンプに、ソニーの「STR-DN1070」などがある。「STR-DN1070」はHDMIで伝送されたDSDデータをリニアPCMに変換せずそのままアナログに変換してスピーカーに出力する機能がある。リニアPCMに変換した場合と、DSDのまま出力した場合とで、どのような音質の違いがあるのか(もしくは大して変わらないのか)試せる。

AVアンプがSACDマルチチャンネルの再生に対応しているかどうかは、その製品の仕様表やマニュアル(メーカーのサイトからダウンロードできる)で、HDMI入力がDSDもしくはリニアPCMに対応しているかで確認できる。仕様表ではわからない場合はメーカーに問い合わせよう。

AVアンプは多数のスピーカーを鳴らす必要があり、プレイヤーなどの機器に比べると大型で高温になりやすいうえ、接続するケーブルも多いため、設置場所に注意したい。

AVアンプと液晶テレビをARC(Audio Return Channel)対応のHDMI端子同士で繋ぐと、液晶テレビでテレビを見る際に、AVアンプの出力端子に繋いだHDMIケーブルを経由して、テレビの音声がAVアンプに送信される。もしARC対応のHDMI端子がなければ、光デジタル音声ケーブル(S/PDIF)で接続することで代用可能である。

ARCやS/PDIF(光デジタルケーブル、もしくは同軸ケーブル)は、マルチチャンネルを圧縮して実現しているドルビー信号であれば5.1chまで対応するが、リニアPCMの場合は2chまでの伝送にしか対応しない。そもそも大抵の液晶テレビはリニアPCMのマルチチャンネル伝送には対応しない。例えば任天堂のゲーム機「Wii U」や「ニンテンドースイッチ」は、HDMIによるリニアPCM 5.1chの音声出力にしか対応しないので、サラウンドで楽しむにはAVアンプに繋ぐ必要がある。余談、HDMIでテレビとゲーム機の間に機器を接続すると遅延の可能性があるとされる。しかしソニー「STR-DN1070」に接続した状態で『スプラトゥーン』を遊んだが特に遅延は感じられなかった。
AVアンプ選びのポイント

スピーカー

サブウーファを除く、フロント(前面の左と右)、センター(前面の中央)、サラウンド(後方の左と右)のスピーカーは、プラスとマイナスの端子がついていて、インピーダンスがAVアンプの許容値であれば、どのメーカーの製品をどう組み合わせるのも自由である。

SACDマルチチャンネルは5.1chまでなので、これに対応するため安く抑える構成例としては、フロントスピーカーとサラウンドスピーカーにソニーの「SS-CS5」を2セット(1セットがスピーカー2台なので、これで4つ)、センタースピーカーに「SS-CS8」1台、サブウーファに「SS-CS9」1台といったものが考えられる。マルチチャンネル(サラウンド)の標準的な構成は5.1chであるが、持っているSACDが4.0chなのでセンタースピーカーをつけないとか、住宅事情を考慮してサブウーファをつけない、といった選択をしても構わない。AVアンプでスピーカー構成を正しく設定すればよい。

スピーカーにもいろいろな種類があるが、例えばソニーの「SS-CS3」はトールボーイ型とよばれる種類のスピーカーで、ブックシェルフ型とよばれる種類の「SS-CS5」と比べて背が高く、1台のセットになっていて値段も少し高い。トールボーイ型は床に直接置ける作りで、とくに低域の表現力向上が見込めると言われている。なお、マルチチャンネル(サラウンド)の再生においては、フロントとサラウンドのスピーカーは同じ物を使ったほうが特性が同じなので調整しやすいという話もある。どのような構成にするかは好みの問題であるが、左右は同じ製品で揃えたほうがよい。

センタースピーカーは、台詞やボーカルなどを担当することが多いセンターチャンネルの性質に対応したスピーカーである。液晶テレビの下に置けるように(というわけでもないのかもしれないが)横長になっていて、高域担当のユニットの左右に低域担当の大きめのユニットが配置された製品が多い。

サブウーファは、他のスピーカーでは表現できない超低音域を担当することが多く、マルチチャンネルで「5.1ch」や「7.1ch」と表記される際の「.1ch」分を担う。例えば映画の爆発音や地鳴りなどで迫力を感じられる。指向性がわかりにくくどこにでも置けるが、その反面とても音が響きやすいので、周囲の騒音にならないよう設置や音量に注意が必要である。

ワイヤレス接続のスピーカーは、SACDからの音声を再生できない製品も存在する(ソニーのワイヤレススピーカー「HT-NT5」など)。必ずメーカーに確認することを推奨する。

HDMIケーブル

低品質なHDMIケーブルはエラーや不具合の原因になるので、適切なメーカーの適切な製品を選ぶのが無難である。「HIGH SPEED」「イーサネット対応」といった記載があるものを選ぼう。

スピーカーケーブル

AVアンプとスピーカーを繋ぐケーブル。アナログ信号の伝送路であり、電線という性質上、できればノイズ耐性のある高品質のものを選びたいところだが…。

切断と末端加工のため、ニッパーが必要。

左右のスピーカーに繋ぐケーブルの長さは揃えた方がよいとされている。また、接続した際に余った部分のケーブルは、巻かずに往復させて沿わせた方がノイズの原因になりにくい。

バナナプラグ

5つのスピーカーを繋ぐには、20個の接点を繋ぐ必要がある。その上、AVアンプの裏面は端子が密集していてとても繋ぎづらい。マルチチャンネルのためのスピーカーを銅線のまま繋ぐのは現実的ではない。そこで便利なのが、バナナプラグである。精密マイナスドライバーで銅線を挟み込むタイプであれば、しっかり繋がる。ケーブルやプラグがショートするとAVアンプが故障する原因になるので、できればプラスチックでカバーできるプラグを選ぼう。なお、バナナプラグの太さは直径4~4.5mmが一般的である。

スピーカースタンド

スピーカーの高さは、視聴する際の耳の位置と同じくらいがよいとされている。高さを調整できる物を選ぼう。

オーディオ・チェックSACD

正しく接続できているか手早く確認するために1枚買っておくと良いのが、オーディオチェック用のSACDである。各チャンネル単独で音楽が流れるトラックなどが収録されており、スピーカーの接続が正しく行えているか容易に確認できるようになる。

余談

私とSACDマルチチャンネルとの出会いは2013年、晩年の冨田勲が手がけた『イーハトーヴ交響曲』のSACD発売であった。それまではSACDの存在すら知らなかったが、公演に出向いて楽しんだ印象深い作品であったのはもちろん、ハイブリッドSACDのため一般のCDとしても再生できると知り購入した。当初はCD再生で楽しんでいたが、じきにマルチチャンネルでの再生を試してみたくなり、模索を始めた。

ところがウェブを調べても、まず何を買えばいいのか、最低どれほどの費用がかかるのかという基本が判らない。価格比較サイトで調べたSACDプレイヤーは安くても5万円からで、2チャンネルの出力しかできないものばかり。おまけにSACD自体がどうやら下火らしいという有様。結局そのときはマルチチャンネルどころかステレオSACDの再生さえ早々に頓挫した。

それから数年、冨田勲が亡くなり、サラウンドに情熱を傾けた氏の遺したSACDマルチチャンネルをやはりどうしても聴いてみたいと思うようになった。そんなとき、2万円で買えるブルーレイディスク・プレイヤーにSACDマルチチャンネルの再生機能がついていることを知った。ブルーレイディスクのレコーダーを所有していてプレイヤーには見向きもしていなかった私にとっては大きな発見だった。

しかしウェブを調べるだけではいまひとつ何を買えばいいのかわからず、ソニー製品のファンである私はソニーストアのオンラインサポートに、SACDマルチチャンネルを再生するための製品を問い合わせた。すると製品の組み合わせ例を示した丁寧な回答が返ってきた。SACDが忘却されオンライン配信が主体の「ハイレゾ・オーディオ」が主流の時代でも、幸いソニーにはSACDマルチチャンネルを再生するための製品群が存在しているのだ。この文書がソニー製品を中心とする構成となっているのは、そのような経緯による。