災害用リンク集

災害が起きた際、インターネットに接続できる場合は「Yahoo! JAPAN」や「Google」で市町村名を検索し、住んでいる市町村のホームページを確認してください。ブログやSNS(TwitterやFacebook)は情報が錯綜しやすいので注意してください。

現状を知る

ラジオ周波数(Radio freq.)

* Multi Language: NHK Radio 2 (AM) and NHK-G (TV 1ch) sub audio.

ツイッター

ウェブ

消息を伝える

大規模な災害が発生すると、その地域向けに災害伝言板が特設されます。自分の使っている携帯通信会社の公式サイト(iモード, EZweb, Y!ケータイなど)から災害伝言板を表示して、自分の状況を書き残して下さい。※伝言板に書き残した内容をメール送信できますが災害発生直後は着信の遅れる場合があります。

また携帯電話やパソコンが無くても固定電話や公衆電話があれば、NTT災害伝言ダイヤルで伝言を録音できます。電話が繋がりづらい状況でも使える連絡方法です。

伝言の内容には、無事かどうか、伝言を書いた時の場所、集合予定の場所(家に帰ります/○○に避難します、など)などを書くとよいでしょう。ただし電話番号だけで閲覧できるので詳細な個人情報などを書くのは控えましょう。

携帯電話のインターネット機能で

ドコモ「iMenuトップ」→「災害用伝言板」
※スマートフォン(spモード)では「ドコモマーケットTOPページ」→「災害用伝言板」。
au「EZwebトップメニュー」→「災害用伝言板」
ソフトバンク「Yahoo!ケータイ」→「災害用伝言板」
※スマートフォンでは直接My SoftBankへ。iPhone(iOS 4.0以上)では「App Store」で「災害用伝言板」をダウンロード。いずれも3G回線で利用。
ウィルコム「WEBメニュー」→「公式サイト」→「災害用伝言板」
イーモバイル「ブックマーク(お気に入り)」→「EMnetサービス」→「災害用伝言板」

パソコンからインターネットで

電話(NTT災害伝言ダイヤル)で

録音時間は1件あたり30秒です。録音の伝言例……「(自分の名前)です。いま(時間)時です。(家族名)は無事です。(避難場所名)に居ます/向かいます。」←この原稿をゆっくり・はっきり話すと約15秒程度となります。

消息を知る

災害伝言板

災害伝言板は各社が連携しているため、相手の電話番号さえ判れば以下のどれからでも相手の安否を確認できます。

NTT災害伝言ダイヤル

災害伝言板に伝言がないときは、NTT災害伝言ダイヤルに録音が無いか確認してください。

2011年 東日本大震災関連